「冬の可愛い」を振り返って

昨年のことになりますが、12月のグループ展「冬の可愛い」をきっかけに、額縁に合わせて描くことの楽しさに気が付きました。

この展示では冬の贈り物として即売できるものを前提に制作を始めたため、先に小さな額縁を探すところから始めました。額縁の雰囲気や形、大きさに合わせて描くことは、普段のプロセスとはちょっと違くて、出てくるアイデアも自分の中で新しいものがありました。

とても可愛い額縁を見つけられたのも幸運でした。小さな額縁は、額屋さんが端材で作っている場合が多い(?)印象です。(中には大量生産のものもあると思いますが。)その一点もの感がまたいいなあと思ったりしました。

また素敵な額縁を見つけたら、それに合わせて描きたいなと思っています。

額入りのミニ原画はウェブショップで販売もしています。
もしよければご覧ください。
https://hmakisumi.official.ec/

関連記事

  1. イラストレーターズ通信・スクールの卒業生として感想を書かせていただきま…

  2. WEB SHOPをオープンしました。

  3. イラストレーター生存戦略さまでブログ記事を執筆しました

  4. 「ザ・チョイス」入選作品とROOTOTEとのコラボレーショントートバッ…

PAGE TOP